丸三産業株式会社 杉本 瑠璃|綿・コットンのことなら丸三産業株式会社

企業情報

STAFFIntroduction of staff

丸三産業株式会社 杉本 瑠璃

品質保証部 品質管理グループ丸三産業株式会社 杉本 瑠璃

安心・安全な製品を送り出すために

品質管理の仕事は、安心・安全な製品を市場に送り出すことです。

今、私は、生産した外皮消毒剤などのコットン製品に問題がないか、製造時の記録や試験検査の結果を見て確認を行う、市場出荷判定業務を学んでいます。
コットン製品と言っても、第三類医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器・一般品といった幅広い製品を扱っているため、それぞれの製品に適した品質管理の知識が求められます。
また、薬事に関する業務も勉強中です。
医薬品医療機器等法(旧薬事法)など様々な法令の理解や解釈について学んでいます。
薬事分野に精通した一人前のメーカー薬剤師になるため、日々奮闘しております。

この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

行ってらっしゃい!と製品を送り出す時

品質管理の仕事の中でも特に、市場出荷判定業務は最後の砦となる仕事だと思います。
丸三産業は綿花を輸入し、加工、販売まで一貫して行うコットンメーカーです。
私が携わっているアルコール綿や清浄綿などの最終製品になるまでには、輸入したコットンの原材料である原綿を晒綿という脱脂漂白された綿にし、さらに加工をして…という長い工程を得る必要があり、多くの人が関わっています。
そして製品が使用される場所は、病院などの医療現場から一般家庭に至るまで多岐にわたります。
たくさんの方に、様々なシチュエーションで使われる製品だからこそ、責任感とやりがいをもって取り組むことができます。
製品が出荷されていく時は、「しっかり活躍してくるんだよ。行ってらっしゃい!」という気持ちになります。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由!丸三産業のここが好き!

コットンなのに医薬品!?

入社の決め手は何でしたか?

「綿の会社なのに医薬品メーカー!?それって一体どんな会社なの!?」と興味を持ったのがきっかけです。
就職活動で将来について悩んでいた時に丸三産業に出会い、老若男女問わず普段から当たり前のように使っている製品に、薬剤師が関わっていることを知りました。患者さんありきの薬剤師だと、当然のように考えていたため衝撃を受けました。
また、人事担当者や先輩社員のお話からアットホームな雰囲気を感じ、丸三産業で働きたい!と決意しました。

これまでのキャリア

品質管理グループ(現職・1年目)

 

先輩社員から一言

広い視野を持って活動してみてください。様々な会社、多くの人との出会いを通じてやりたいことを再確認できたり、あるいは、こんな道もあるのか!と新しい発見があります。
また、働いている方の生の声をたくさん聞いてください。会社のメリットに注目してしまいがちですが、自分にとってのデメリットを知っておくことが大切だと思います。
どうしようもなく、辛くてしんどくて焦る時期があるかもしれませんが、その経験はきっと成長の糧になると思います。頑張ってください。

スナップ

PAGE TOPPAGE TOP