MCT西条 保田 真志|綿・コットンのことなら丸三産業株式会社

企業情報

STAFFIntroduction of staff

MCT西条 保田 真志

製造グループ第3ラップMCT西条 保田 真志

原反製造部門の管理者、生産の管理や改善提案、メンテナンスの計画。

まだ立ち上がって6,7年ほどの新しい部署なので、入社当時は安定生産ができていない状態だったが、製造、生産技術など様々な人の協力と努力で安定生産できるようになったこと。

製造条件を変更したことによって、生産スピードの向上をすることができたこと。

この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

改善提案が採用され、現場の仕事効率アップ。

管理職に就いてから、現場などの改善案、トラブル対処法などを考えることが多くなり、実際に改善案を実施することで、仕事の効率や、生産性アップ、品質アップなどの効果が見られたときにやりがいを感じる。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由!丸三産業のここが好き!

不織布業界でシェア1位、一貫生産ということで、様々なことを経験できそう。

入社の決め手は何でしたか?

会社訪問や面接などでの社員の方の雰囲気が良かった、若い人も活躍している。

これまでのキャリア

製造グループ 第2ラップ(2年間)→第3ラップ(3年間)→第3ラップ管理者(現在)

 

先輩社員から一言

どういった業種が自分に合っているのか分からない時は、合同説明会の際にとにかくたくさんの企業の話を聞くことがおすすめです。
その際に、各企業の雰囲気や人事の方とのコミュニケーションをとることがポイントです。
学生時代に勉強した分野以外にも目を向けて、幅広い視野で就職活動をしてください。

スナップ

PAGE TOPPAGE TOP