丸三産業株式会社 木藤 恭一|綿・コットンのことなら丸三産業株式会社

企業情報

STAFFIntroduction of staff

丸三産業株式会社 木藤 恭一

きとうさん

生産技術部丸三産業株式会社 木藤 恭一

新規設備導入、機械設計、保全作業。

生産の効率化ならびに更なる品質向上の為、新規設備を導入する事でメリット、デメリットを考え、グループ内外とのコミュニケーションを図り新規企画に取り組んでいます。

日々、既存設備の改良に努め新しい技術や発想を具現化しています。
また、各工場設備の安定生産を可能とする為、定期的な保全作業を実施しています。

この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

新規ライン構想から立ち上げまで、一連の工程を管理、実現した。

新規ライン工事実施にあたり、さまざまな問題に直面しますが一つずつ解決策を見出しながら、進める必要があります。
他部署との意見交換を行い大変な事は多いですが、新規ライン工事完了時には達成感があります。
一人の力では困難な案件も、先輩方や上司に助けられ一つずつ壁を越えて行く時に自分が成長している事を感じ、毎日が充実しています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由!丸三産業のここが好き!

丸三産業の技術力が不織布業界で世界に名だたる所が魅力的だった。

入社の決め手は何でしたか?

趣味の機械知識を生かせる仕事を探していた所、先輩からお声をかけて頂き、仕事のスタンスやチーム一丸となって目標に向かい真っすぐに進む姿に胸を打たれ入社したいと思った。

これまでのキャリア

前職:造船業(10年間)→当社へ転職:生産技術部(現職・今年で3年目)

 

先輩社員から一言

就職活動は、将来の基盤となる大切な分岐点の一つです。
成り行きや安易な考えで、行動するのは止めましょう。
本当に自分のしたい事や将来の夢を考え、それに合致するかを見極め就職しましょう。

スナップ

PAGE TOPPAGE TOP