丸三産業株式会社 Tさん|綿・コットンのことなら丸三産業株式会社

企業情報

STAFFIntroduction of staff

丸三産業株式会社 Tさん

五十崎工場 製造第一グループ丸三産業株式会社 Tさん

晒綿製造工程のマネジメント

晒綿は当社が製造するコットン製品の基礎となる原料となります。

晒綿の品質が悪化すれば、原反さらに最終製品等(川下製品)の品質および生産性の低下に、納期が遅れれば川下製品の生産計画に大きな影響を与えます。
当グループに求められるのは、晒綿の安定した“品質と供給”となります。
24時間フル操業で晒綿を製造している中で、様々なトラブルが生じます。
トラブルは“品質低下”や“生産性の低下”等、デメリットしかなく、昼夜問わず生じるトラブルに対し、素早く対応を決め、解決する必要があります。
生産技術グループ等、他部門の協力を得て、無事トラブルを解決していくこと(問題を潰していくこと)に、“面白さ”を感じています。

この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか?

生産計画の達成。 無労働災害。

24時間フル操業の中で、特に設備面のトラブルは付きものとなります。
当社の生産技術グループの技術力、対応力は素晴らしく、常に“生産優先”と、素早く動いてくれます。
専門の業者が“修理できない。”ということで、交換を進めていた大型部品(海外製の部品で入荷まで2~3週間)を、当社の生産技術グループは“ダメで元々。やってみよう。”と前向きに、工場にある工具を駆使して数日を掛けて補修し、無事稼働まで仕上げてくれました。
このお陰で無事生産計画は達成できました。
各々が“役割と責任”を自覚すること。
何事にも諦めず“前向き”に考えること。
積極的に“衆知を集めること、協力を得ること”。
日々、色んなトラブルが生じる中で、会社の目標および工場の目標、グループの目標の達成に向けてベクトルが一致し、総合力が発揮された時に、この会社の一員で良かったと感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由!丸三産業のここが好き!

晒綿製造日本一

入社の決め手は何でしたか?

晒綿のリーディングカンパニーとして、設備投資に積極的なところ。(攻めの姿勢)

これまでのキャリア

前職:製造業勤務(工場:品質管理、本社:企画開発 計12年間)→当社へ品質管理グループ(2年間) →原料購買グループ(2年間)→製造第一グループ(現職・今年で4年目)

 

先輩社員から一言

“やる気”があれば“やりたい事”が出来る会社です。

スナップ

PAGE TOPPAGE TOP