原料輸入・買付|綿・コットンのことなら丸三産業株式会社

事業紹介 intro

原料輸入・買付

厳選したコットン(綿)原料の買い付け、直輸入

丸三産業は世界有数のコットンメーカーとして、また日本のトップメーカーとしてアメリカ・オーストラリアなどを中心に世界中の綿花主要作付け国より厳選したコットン・オーガニックコットンの調達を行っております。

厳選したコットン(綿)原料の買い付け、直輸入

 


調達にあたって厳選するポイント
私たちの購買ポリシー

調達にあたって厳選するポイント私たちの購買ポリシー

1. 現地へ赴き生産状況・綿の品質を確認

現地へ赴き生産状況・綿の品質を確認

収穫の時期になると調達スタッフが現地へ行き、その年の綿花の生産状況・品質の確認を行います。実際に綿花畑へ赴いて、綿花農家の生の声を聞いたり作付けの状況を確認することは、より良いコットンを安定的に調達するための重要なポイントです。
そして、当社の厳格な評価基準を満たした供給元から、原料の購買を行います。継続的に安定した品質の原料を供給頂くため、評価基準は必要に応じて見直しながら、毎年の意見交換を行います。


2.サステナブルな調達のために連携する

原綿の調達

自然素材・農作物である原綿(コットン)の調達先の選定基準としては、「人権尊重」「安全衛生」「環境保護」「法令順守」を注視し選定。これらを満たしているアメリカ産・オーストラリア産を中心に原料を調達しております。
アメリカやオーストラリアの生産者は「Cotton LEADS®プロジェクト」を推進していたり、またアメリカにおいては国をあげて「U.S.COTTON TRUST PROTOCOL®」というサステナブルなコットン生産を行うための独自の改善プログラムを運営しています。


持続可能な生産・購買のためには、綿花の農地や農作業者へ与える影響を考慮した、生産上の配慮が重要と考え、私たちはこれら「Cotton LEADS®プロジェクト」や「U.S.COTTON TRUST PROTOCOL®」の考え方に賛同・加盟し、事業計画を支援しております。

 ・Cotton LEADS®プロジェクトとは(外部リンク)

 

 ・U.S.COTTON TRUST PROTOCOL®とは(外部リンク)


オーガニック原綿の調達

取り扱いを始めた当初に比較すると、コットン製品をご使用される皆様の「オーガニックコットン」への認知は広がってきており、年々取り扱い量は増加傾向にあります。
このオーガニックコットンに関しては、調達先がGOTSの認証を取得していることを基準として調達しております。


GOTSの認証に批准することは、「人権尊重」「安全衛生」「環境保護」「法令順守」を満たしていることになるため必須項目となります。
GOTS認証とは(外部リンク)

 


3.安定供給のための公正公平な選定・評価

安定供給のためには調達先の選定は最重要ポイントとなります。安定的に安心安全な原料を供給できる調達先の選定を行っており、また、その調達先と取引をする際には、安定供給には「価格」も不可欠な要素という考えのもと、綿花相場に則った適正な価格交渉を行い、透明性のある適正価格で購入しています。そして、調達先の規模は、大小を問わずいかなる新規参入希望者に対しても、常に公正・公平な立場をもって選定・評価を行っております。これら基準を踏まえた上で、総合的な評価を行い調達活動を行っております。


綿花(コットン)の豆知識

世界の国々から輸入されたコットン(綿花)原材料(原綿)は当社五十崎工場・香南工場に集められ、原綿から精練して、脱脂した真っ白い綿に仕上げコットン製品への第一歩を踏みだします。コットンを使った日用消耗品・医療衛生品における当社製原料の国内シェアはマーケット全体の約90%を超えています。多くのコットン関連商品は当社製造の晒綿が加工されたものです。

エコ繊維

近年、綿花(コットン)は地球に優しいエコロジー繊維として注目を集めています。綿花作付け面積1エーカー(約4000m2)当たり1年間に7トンもの二酸化炭素(CO2)を吸収し、16.5トンの酸素(O2)を生成し地球の大気を浄化します。天然素材のコットンを使用することで化学繊維生成にかかる石油エネルギーを節約し、繊維自体のリサイクルが容易な上に廃棄しても環境に対する影響が極めて少なくコットンは環境共生・循環型のエコロジー繊維と呼ばれています。

PAGE TOPPAGE TOP